西宮市、宝塚市の不動産なら、
ワンディアールにお任せください。

阪急今津線「西宮北口」駅周辺の不動産の購入

阪急今津線「西宮北口」駅周辺の周辺マップ

阪急今津線「西宮北口」駅周辺の特徴

西宮北口駅(にしのみやきたぐちえき)は、兵庫県西宮市高松町にある、阪急電鉄の駅で、副駅名は阪急西宮ガーデンズ前。西宮市の中心駅の一つであり、駅番号はHK-08です。阪急神戸本線と今津線が接続する乗換駅であり、今津線は当駅を境に宝塚駅方面は「今津(北)線」、今津駅方面は「今津(南)線」と呼ばれることがあります。神戸本線と今津(北)線の間を直通運転する準急・直通特急・臨時急行を除く全営業列車が停車します。神戸本線の急行は当駅以西(通勤急行は塚口駅以西)で各駅に停車します。ちなみに、神戸本線の列車は、今津線と直通する列車を除いて車掌及び運転士は当駅で交代します。かつては国鉄西ノ宮駅(現在のJR神戸線西宮駅)や阪神西宮駅と区別するため、当駅周辺の住民を中心にキタグチ(北口)と称されることが多かったが、現在は若年層を中心にニシキタ(西北)と称されることが多く、西宮北口界隈を紹介するメディアや当駅周辺の分譲マンション広告などでも『ニシキタ』の呼称が一般的である。なお、立地的には、大阪(大阪梅田駅)と神戸(神戸三宮駅)のほぼ中間に位置しています。開業時、駅は西宮町(1925年に市制施行で西宮市となる)の市街地から大きく離れ、武庫郡瓦木村(1942年に同市へ編入)に属する農村地帯に存在しましたが、当初より「瓦木」ではなく「西宮北口」を名乗っていました。これは、宝塚からの支線(西宝線として1922年に開業)をさらに南下させ、西宮の市街地まで延伸させる計画があり、それとの接続点ともなる予定であったからだと言われています。しかし、この西宮市街地への延伸計画は実現せず未成線となり、代わりに阪神本線への接続を図る計画が立てられ、それを1926年に実施して現在の今津線となりました。

所在地 西宮市甲風園1丁目2
停車する電車 普通、区間普通、快速急行、通勤特急、通勤急行、特急、急行
主要駅方面の始発電車 大阪方面への始発:04:36
主要駅からの最終電車 『大阪梅田』駅から00:09(普通)
周辺の施設

阪急今津線「西宮北口」駅周辺の新着物件一覧

西宮市の駅周辺の不動産

西宮市の駅や周辺の
不動産の情報を詳しくご覧いただけます。

西宮市の学校周辺の不動産

西宮市の小学校・中学校や周辺の
不動産の情報を詳しくご覧いただけます。